スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒトリゴト

DSC_0612.jpg

最近動画撮影に力を入れすぎていて、きちんと写真を撮っていない気がする。

独り言でした。


スポンサーサイト
テーマ : スナップ写真    ジャンル : 写真

プロカメラマンが語る、写真についての100の事

[100 Things I Have Learned About Photography]という記事があったので、紹介させてもらいます。
ロスにいるストリート写真家のEric Kimさんが写真について100の事を教えてくれています。

1,高価なカメラを使っているからいいカメラマンというわけではない。

2,いつでもRAWで撮影しよう。

3,単焦点レンズはいいカメラマンへの手助けをしてくれる(スキルアップになる)。

4,写真の編集はそれだけでアートである。

5,99%の場合3分割法は有効である。

6,誰でもマクロ撮影ができるわけではない。

7,UVフィルターはレンズキャップの代わりになる。

8,写真フォーラムに何時間もいるよりも外に出て撮影しよう。

9,日常にある美しい瞬間を切り取れば、それが賞を取る写真になる。

10,フィルムがデジタルより良いというわけではない。

11,デジタルがフィルムより良いというわけでもない。

12,魔法のカメラや魔法のレンズなんてものはこの世にない。

13,いいレンズがいい写真を与えてくれるわけではない。

14,他の人々の写真を見ることに時間を使うなら、自分の写真を撮りに行ったほうが良い。

15,パーティーに一眼レフは持っていくな。

16,女はカメラマンに弱い。

17,白黒にしたからといって、自動的ににアーティスティックな写真になるわけではない。

18,あなたが「Photoshop」を使ったと言うと人々はいつも写真の価値を下げる。だからその時は「デジタル暗室」を使ったと言おう。

19,全てのものを撮影する必要はない。

20,最低でもバックアップは2つとっておくこと。戦争での、2は1、1は0という考え方と同じ様な感じだ。

21,ネックストラップではなくて、ハンドストラップを使おう。

22,近づこう。大体の場合被写体に近づいた方がいい写真が撮れる。

23,撮影時は傍観者ではなく、その場の一員になるんだ。

24,屈んだりして目線を下げることは、大体の場合写真を面白くする。

25,技術的な心配より、フレーミングや構図の事を考えよう。

26,カメラのロゴなどを黒テープで隠そう。これであなたへの注目が減る。

27,明るい昼間に撮影するときは常に露出を少なめ、3分の2位で撮影する。

28,写真は撮影すればするほど上手くなる。

29,同じ場所で露出、F値、アングルを変えて何枚も撮影することを恐れてはいけない。

30,ベストショットの一枚だけを人に見せよう。

31,コンパクトカメラもカメラである。

32,オンラインのフォトフォーラムに参加してみよう。

33,他人の作品を批評してみる。

34,撮影する前に考えよう。

35,いい写真に説明は不要である。(ただし、背景情報が意味を持つ場合もよくある)

36,アルコールと写真は合わない。

37,他のカメラマンから影響を受けても良いが、崇拝してはいけない。

38,粒子は美しい。

39,カメラバックよりもメッセンジャーバッグの方がカメラやレンズの取り出しがしやすい。

40,シンプルさが鍵である。

41,写真の定義は「光で描く」と言うこと。光を操ろう。

42,自分のスタイルを見つけ出し、それを貫こう。

43,セカンドモニターは写真処理に最適である。

44,Silver EFEX Proはベストの白黒加工ツール。

45,どこへ行くときもカメラを持って行こう。

46,写真が人生を楽しむための妨げとなってはいけない。

47,カメラを大切にしずぎてはいけない。使い倒そう。

48,ストレートな写真を撮ろう。

49,自信を持って撮影しよう。

50,写真と並置は最高の友達。

51,大きくプリントアウトしよう。それはあなたをハッピーにしてくれる。

52,友達に写真をプレゼントしよう。

53,知らない人にも写真をあげてみよう。

54,額縁も忘れずに。

55,コストコプリントは安いけどいい仕上がりだ。

56,友だちと一緒に撮影に出かけよう。

57,写真クラブに参加するか自分で始めてみよう。

58,写真は素敵なプレゼントになる。

59,知らない人を撮影するのはスリリングである。

60,自然体>ポーズ(自然体はポーズに勝る)

61,自然の光はベストの照明。

62,フルサイズの35mmは歩きまわる時のベストの焦点距離である。

63,必要ならisoを上げるのを恐れてはいけない。

64,どこへ行くにも三脚を持ち歩く必要はない(私は1つも持っていない)

65,露出は高いより低いほうが良い。

66,芸術家気取りでホームレスの人を撮影するのはただの搾取である。

67,なんの期待もしていない時にこそシャッターチャンスは訪れる。

68,人が写っている写真のほうが面白みがある。

69,「Photoshop」を使ったからといってダメな写真がいい写真になるわけではない。

70,最近では誰もが写真家である。

71,いい写真を撮るためにパリに行く必要はない。裏庭でもいい写真は撮れる。

72,デジタル一眼レフでポートレイトを撮影するときにグリップを下へ向けている人はアホに見える。

73,カメラはツールであり、おもちゃではない。

74,構成という面では写真と絵画にそれ程に違いはない。

75,写真は趣味ではなくライフスタイルだ。

76,言い訳はしない。

77,オリジナルの写真を撮影しよう。他人のスタイルをコピーしてはいけない。

78,最良の写真とは見る人がもっと聞きたくなるほどのストーリーを持っている。

79,黒以外の色のカメラは必要以上に人の注目を浴びてしまう。

80,多くの機材を持ち歩くほど写真の楽しみが減ってしまう。

81,あなたが思うより良い自画像を撮るのは難しい。

82,笑いはいつもその人の本当のキャラクターを引き出す。

83,怪しいやつだと思われないために周囲に溶け込もう。

84,しばらくすると風景写真は飽きてくる。

85,撮影中は、まずは楽しむこと。

86,撮影した写真は消さないこと。

87,人や場所に敬意を持って撮影すること。

88,街の人達の自然な写真を撮る時は望遠より広角の方が簡単である。

89,旅と写真は最高のペア。

90,ヒストグラム読み方を学んでおこう。

91,ノイズ写真はボケ写真よりマシ。

92,雨の中での撮影を恐れてはいけない。

93,完璧な写真を撮ろうとするより、その瞬間を楽しむ方法を学んだほうがいい。

94,お腹が空いている時に撮影してはいけない。

95,写真を通して新しい自分を再発見することは多々ある。

96,写真の洞察力を一人で貯めこまないで、世界と共有しよう。

97,写真を撮ることをやめないこと。

98,写真というものは単純に写真を撮影するということではなく、それはひとつの人生哲学である。

99,決定的瞬間を捉える。

100,自分自身のリストを書く。


ということで100個何とか和訳してみましたが、途中からかなり疲れてきたので、もしかしたら誤訳や誤字があるかもしれませんが、ご了承下さい。
他にも感想とか書こうと思っていたのですが、気力が尽きたので今日はこの辺で失礼します。

原文は以下からご覧になれます。
100 Things I Have Learned About Photography
http://www.apartmenttherapy.com/100-things-i-have-learned-about-photography-169386





モルディブ沖縄南の島写真館TripLife

 人気ブログランキングへ   ブログランキング・にほんブログ村へ

« »

08 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ViluReef Group

Author:ViluReef Group
Product by
ViluReef Group
南の島写真館TripLife

検索
Custom Search
利用規約
当サイトに掲載している写真を使用する場合は必ずご連絡下さい。無断使用は禁止です。BLOGではなく、HPに掲載している写真については、HP上の利用規約をお読み下さい。また当サイトに掲載している写真及び情報を利用したことによる損害に一切責任を持ちませんので、自己責任でお願いいたします。写真や文章の著作権は管理人が所有しています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。